安西水丸展

170716安西1
GM5

はるひ美術館で開催中の安西水丸展に行ってきました。
はるひ美術館ってめったに来ないのですが
小さいけど割といい展覧会をやってる印象があります。
ただ狭いのであまりたくさんの展示はできないでしょう。

170716安西2
GM5

安西さんは小説、漫画、絵本、エッセイや広告などで活躍されたイラストレーターです。
トーンを貼ったシンプルなイラストが有名だと思います。
今回驚いたのがあのシンプルなイラストはたくさん仕事が入った時に
クオリティを落とさないためにシンプルにしているそうで(゚Д゚;)
それってどうなのと思いましたが
結果それが個性になって一目で安西水丸と解る作風に昇華されたので
それはそれでOKでしょう。(゚Д゚;)

170716安西3
GM5

お客さんは小学生がほとんどで (*´∀`*)
何で小学生が多いのかと思ったら
隣に図書館があってそこから子供達が流れて来ることが解りました。
ただ子供達はダダッと入って来て「なんだデザインか」と言って
10秒ほどで全員出て行きます。(笑)
そんな集団の波が数回ありました。
せめて30秒くらいは見て行けよと言いたい。(゚Д゚;)
作業場の写真とか原画がたくさん見れるので興味のある人は
一度見ておくのもいいかも。

清須市はるひ美術館
スポンサーサイト

名古屋市市政資料館

170702市政資料館1
GM5 市政資料館

今日は秋の美術展の計画書を提出に市政資料館に行ってきました。
事務所に行くといきなりMOWAの人?
と聞かれビビりました。(なんでわかるんだ?)
丁度今日くらいに来るんじゃないかと
噂してたところですと・・・(゚Д゚;)
異常人気に驚きました。

170702市政資料館3
GM5 資料館入口内部

今年は9月開催なのでもうあまり時間がありません。
やばいね。(゚Д゚;)
どうしましょう。(笑)
第28回MOWA展は9月13日〜17日まで
名古屋市市政資料館にて開催します。
よろぴく。

アドルフ・ヴェルフリ展

170311アドルフ1
GM5

名古屋市美術館で開催中のアドルフ・ヴェルフリ展に行ってきました。
名駅で打ち合わせ後MacBookとデジカメ、バッテリーなど
周辺機器入れたかばんを背負って
13,000歩ほど歩きました。
さすがに疲れるわ(笑)
もうちょっとMacBookが軽いといいね(゚Д゚;)
500gくらいにならないかな〜(゚Д゚;)

170311アドルフ2
GM5

アール・ブリュットの「王」が描いた夢物語
二萬五千頁の王国

この手の作家はだいたいこんなコピーがつきますね
もっとも有名なアウトサイダーアートの芸術家のひとり。
1895年に精神科病院に入院し、66歳で没するまでの間に
「揺りかごから墓場まで」と題する壮大な自叙伝(45巻25000ページ)を制作。
本展では、物語性を持った連作『葬送行進曲』『揺りかごから墓場まで』
『地理と代数の書』『歌と舞曲の書』から抜粋した作品を展示しています。
日本初の大回顧展。昔原宿でやったヘンリーダーガー展クラスの貴重な展示ですね。
わざわざ東京まで観に行きましたからね〜

今回は、ま〜なんて言うか
疲れてる時に見る展覧会じゃないね。(゚Д゚;)
ほんと余計疲れました。(笑)
が、必見です!

アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国

奈良美智さんキャラをパクられた上訴えられる (゚Д゚;)

芸術家・奈良美智、アウトすぎる絵柄パクリを見せる会社に警告文を送るも、逆に訴えられる……だと?

これはひどいな。
完全にパクリだわ。

蜘蛛の糸

161023蜘蛛6
GM5 (手前の糸にピントを合せてます。)

豊田市美術館の蜘蛛の糸展に行ってきました。
最近毎週高速道路走ってるな。(゚Д゚;)
塩田千春さんの作品だけ写真撮影OKだったので
塩田作品のみ写真UPします。

161023蜘蛛1
GM5

うちのブログでも度々取り上げるアーチストさんですが
今回も大掛かりな作品を展示しています。
美術館の人に聞いたのですが10人くらいのスタッフで
約2週間くらい設置にかかったということです。

161023蜘蛛2
GM5

糸がうまい具合に間隔をあけて組んであります。
なんかコツがあるんでしょうね。

161023蜘蛛3
GM5

イメージはブレアウィッチプロジェクト?
(゚Д゚;)
ちょっとホラー入ってますね。(゚Д゚;)

161023蜘蛛4
GM5

人が通れるように綺麗に糸のトンネルが出来ています。
この手のインスタレーションは1回きりなので
もったいないですよね。

161023蜘蛛5
GM5

この方はベルリン在住なんですが海外で活動をしてる
現代アートの人は多いですね。
こういった大規模インスタレーションはスタッフも多く
イベント会社みたいなもんですよね。
給料払わないといけないし大変です。
この展覧会は昔仕事をいっしょにしたことのある小川信治さんも
作品を出されていて(最近、千葉市美術館で個展開催)
鉛筆画なんですがすごいです。

161023蜘蛛7
熊谷守一「地蜘蛛」

熊谷守一の「地蜘蛛」の解説はちょっと・・・
そんなこと絶対考えて描いてないなと思いましたが
(゚Д゚;)
深い解説に驚きました。蜘蛛の足の上がり具合とか(笑)
意味があるんですよ。(゚Д゚;)
本当かよ。

豊田市美術館