アドルフ・ヴェルフリ展

170311アドルフ1
GM5

名古屋市美術館で開催中のアドルフ・ヴェルフリ展に行ってきました。
名駅で打ち合わせ後MacBookとデジカメ、バッテリーなど
周辺機器入れたかばんを背負って
13,000歩ほど歩きました。
さすがに疲れるわ(笑)
もうちょっとMacBookが軽いといいね(゚Д゚;)
500gくらいにならないかな〜(゚Д゚;)

170311アドルフ2
GM5

アール・ブリュットの「王」が描いた夢物語
二萬五千頁の王国

この手の作家はだいたいこんなコピーがつきますね
もっとも有名なアウトサイダーアートの芸術家のひとり。
1895年に精神科病院に入院し、66歳で没するまでの間に
「揺りかごから墓場まで」と題する壮大な自叙伝(45巻25000ページ)を制作。
本展では、物語性を持った連作『葬送行進曲』『揺りかごから墓場まで』
『地理と代数の書』『歌と舞曲の書』から抜粋した作品を展示しています。
日本初の大回顧展。昔原宿でやったヘンリーダーガー展クラスの貴重な展示ですね。
わざわざ東京まで観に行きましたからね〜

今回は、ま〜なんて言うか
疲れてる時に見る展覧会じゃないね。(゚Д゚;)
ほんと余計疲れました。(笑)
が、必見です!

アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国
スポンサーサイト

奈良美智さんキャラをパクられた上訴えられる (゚Д゚;)

芸術家・奈良美智、アウトすぎる絵柄パクリを見せる会社に警告文を送るも、逆に訴えられる……だと?

これはひどいな。
完全にパクリだわ。

蜘蛛の糸

161023蜘蛛6
GM5 (手前の糸にピントを合せてます。)

豊田市美術館の蜘蛛の糸展に行ってきました。
最近毎週高速道路走ってるな。(゚Д゚;)
塩田千春さんの作品だけ写真撮影OKだったので
塩田作品のみ写真UPします。

161023蜘蛛1
GM5

うちのブログでも度々取り上げるアーチストさんですが
今回も大掛かりな作品を展示しています。
美術館の人に聞いたのですが10人くらいのスタッフで
約2週間くらい設置にかかったということです。

161023蜘蛛2
GM5

糸がうまい具合に間隔をあけて組んであります。
なんかコツがあるんでしょうね。

161023蜘蛛3
GM5

イメージはブレアウィッチプロジェクト?
(゚Д゚;)
ちょっとホラー入ってますね。(゚Д゚;)

161023蜘蛛4
GM5

人が通れるように綺麗に糸のトンネルが出来ています。
この手のインスタレーションは1回きりなので
もったいないですよね。

161023蜘蛛5
GM5

この方はベルリン在住なんですが海外で活動をしてる
現代アートの人は多いですね。
こういった大規模インスタレーションはスタッフも多く
イベント会社みたいなもんですよね。
給料払わないといけないし大変です。
この展覧会は昔仕事をいっしょにしたことのある小川信治さんも
作品を出されていて(最近、千葉市美術館で個展開催)
鉛筆画なんですがすごいです。

161023蜘蛛7
熊谷守一「地蜘蛛」

熊谷守一の「地蜘蛛」の解説はちょっと・・・
そんなこと絶対考えて描いてないなと思いましたが
(゚Д゚;)
深い解説に驚きました。蜘蛛の足の上がり具合とか(笑)
意味があるんですよ。(゚Д゚;)
本当かよ。

豊田市美術館

トリエンナーレ豊橋会場1

161015豊橋4
GM5

豊橋まで来てしまいました。
遠いぞ!
(゚Д゚;)

161015豊橋1
GM5

ド派手な路面電車が結構速く走ってますが

161015豊橋2
GM5

ブラックサンダーの電車はカッコイイぞ!
必見。

161015豊橋3
GM5

ラウラ・リマの作品は水上ビルの2階〜4階を鳥の部屋にしたもの。
鳥100羽が自由に飛び回る
鳥にはかなりいい環境かもしれない。

161015豊橋7
GM5

押し入れに鳥達(笑)

161015豊橋6
GM5

とてもフレンドリーなので(゚Д゚;)
至近距離でも逃げません。
鳥の家に人間がお邪魔してる感じ。

161015豊橋5
GM5

異常にかわいい。
あまり鳥に興味がない人もたぶんここの鳥はかわいいと思うでしょう。
葉っぱや鳥のエサも食い放題。

161015豊橋8
GM5

ここの鳥は飯付きで専用の小部屋もたくさんあり
部屋数が多いので
3フロアを自由に行き来できる
鳥のための高級ホテル。
掃除のおばさんはいるし(笑)
水や室温を気にしてるおねえさんもいるし
エサを取り換えるおねえさんと
かなり恵まれているように思えます。
人は10人限定なので入るために1Fで待たされます。
ここはなかなかおすすめです。
環境や視点が変わると鳥と人間の関係が変わるということなんでしょうか
アートなのかよくわからんが
生き物の力は大きいな。
豊橋会場でいちばん良かった場所です。

MOWA展終了

161009MOWA1
GM5

名古屋市市政資料館のMOWA展が終了。
今日は結婚式で駐車場が使えませんでした。
まいったね。
ここは旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎で
1922年(大正11年)に建てられたネオ・バロック様式のレンガ造建築物。
重要文化財です。
1979年(昭和54年)まで裁判所として使用
地下に実際に使われた留置場があります。(゚Д゚;)
独房以外にも雑居房も見れます。
そんなところで結婚式をする人が多いのですが
知っているのでしょうか・・・・
建物は立派なのですがちょっと暗いです。

161009MOWA2
GM5

外には野良猫がたくさん昼寝をしています。
この辺のネコはまるまる太ったネコが多いね。
というわけで来年は幹事。抽選に並ばないといけないので大変です。
作品をなんとかしないとな〜。(゚Д゚;)