MacBook Proの一部のモデルが新型モデルに交換してもらえる

MacBook Proの一部のモデルが新型モデルに交換してもらえる

さあ中古のMid 2012とEarly 2013の15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル
どちらかをゲットして
充放電回数1,000回繰り返して(゚Д゚;)
12800円払って
2017年TouchBar搭載15インチMBPに交換してもらおう!
結構大変そうだけど(笑)
可能性はありです。暇な人はチャレンジだ!
スポンサーサイト

LifeBattery Air



Apple製品向けに作られたモバイルバッテリー
カラーはスペースグレー、シルバー、ローズゴールド、ゴールドと
Apple製品にあわせています。
容量は2万7200mAh
13インチMBPが6回充電可能。
本体はMagsafeを用い、Quick Charge 3.0に対応
1つ179ドル(約1万9890円)
本体にUSB Type-Aポート2つ、Type-Cポート1つ搭載
指紋認証センサーも搭載でバッテリー残量を確認できます。
重さは約725g、サイズも横12cm、縦16.9cm、厚み2.5cmと
ビッグサイズ(笑)
持ち運ぶのがいやになりそう。(゚Д゚;)
どういう人がどんな時に使うのでしょうか・・・
MacBookでも1回充電で10時間くらい使えるので
1日ならほとんど充電する必要がないのですが
非常用ならいいかもしれないですね。

Huion Kamvas GT-191



たまたま中華液タブのレビューを見たのだけど
これってかなり使えそうですね。
全然問題なさそう。
19インチあるのでかなり広い!(゚Д゚;)
液晶もIPSなので良さそう。
このメーカーは22インチも安いので
今後この手の中華液タブはかなり普及しそうです。
この存在を知っていたらiPad Proを買っていなかったかもしれない
(いやわからないけど・・)(゚Д゚;)

これ買ったら間違いなく小さい液タブは使えなくなるような気がします。
MacBookの外部モニターに最高ですね。( ・∀・)
ペンが使えるなんて最高じゃない?

今後の進化具合に注目したいですね。
ん〜これは使いやすそうだ。(゚Д゚;)
54,999円は安いな〜。
WACOMって高過ぎるよね。

macOS High Sierraの写真アプリでApertureの機能が復活!

macOS High Sierraの写真アプリではiPhotoやApertureのいくつかの機能が復活へ。

現在もaffinity, PhotoScape, ON1 Effectsなどのプラグインが使える「写真」アプリですが
High SierraではApertureやiphotoの機能が復活と
これはひょっとすると写真アプリが
無料で最強のRAW現像&管理ソフトに進化していく予感。

今後iMacをapple pencilに対応させてSurface Studioのように可動式にして
液タブ化して
affinityを買収して子会社にすれば・・「さらばAdobe&wacom」になりますね。
( ・∀・)
今のAppleなら簡単に出来そう。

ついに4TBのHDDが1万円を割る。

【朗報】ついに4TBのHDDが1万円を割る。とんでもない時代になったな…

Seagateはやめた方がいいと思う。
今、Seagateはチャレンジャーだと思うな〜。
(゚Д゚;)
昔はMacの純正HDDに使われていたけど
HGSTかWDを選んだ方が安心だと思います。
MacProに1台入ってるけど(゚Д゚;)
9年くらい使ってる・・・が今のところ問題ない
そういうのもあります・・
Macユーザーならtime machineの設定は忘れずに。
これで安心だけど間違っても
time machineにSeagateを使わないように。(゚Д゚;)