MacPro early2008のメモリ死亡

160906macpro1
GM5

昨日からMacProが突然再起動や終了したので
これはビデオカードか!(゚Д゚;)
と思ったが
とりあえず掃除。埃の除去。チェックするとメモリが反応していないものがある
(゚Д゚;)
いろいろ位置を変えたりチェックするとどうやら2本ダメになってるみたい。
今回基盤のエアダスターで取れない細かい埃を筆で除去
さすがに静電気ブラシはダメでしょう。

160906macpro2
GM5

一番最初に付いていたメモリーです。
1GB×2本=2GBがなくなることに・・
ダメっぽいので外したら
今までより速くなりました。(゚Д゚;)
壊れた余分なものは外した方がいいみたいですね。
一応直ったようです。
メモリ20GBから18GBにダウン
サクサク動くようになったな・・・不思議。
いつも思うけどメンテナンスのしやすいパソコンですわ
作りがいいので掃除してても気持ちいいです。外観は変わらないですが
年代によって内部構造は大きく異なるので
2009年だとまったく中の並びが違うので驚きます。
2008年はメモリやビデオカード、電源のトラブルが多いので
なんともいえませんが拡張性は高いのとXeon プロセッサは今でも
高性能です。
64bit EFIのお陰で最新OS El Capitanも対応しています。
8年使ってますがこのマシンは長く使えそうです。
( ・∀・)
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する