蜘蛛の糸

161023蜘蛛6
GM5 (手前の糸にピントを合せてます。)

豊田市美術館の蜘蛛の糸展に行ってきました。
最近毎週高速道路走ってるな。(゚Д゚;)
塩田千春さんの作品だけ写真撮影OKだったので
塩田作品のみ写真UPします。

161023蜘蛛1
GM5

うちのブログでも度々取り上げるアーチストさんですが
今回も大掛かりな作品を展示しています。
美術館の人に聞いたのですが10人くらいのスタッフで
約2週間くらい設置にかかったということです。

161023蜘蛛2
GM5

糸がうまい具合に間隔をあけて組んであります。
なんかコツがあるんでしょうね。

161023蜘蛛3
GM5

イメージはブレアウィッチプロジェクト?
(゚Д゚;)
ちょっとホラー入ってますね。(゚Д゚;)

161023蜘蛛4
GM5

人が通れるように綺麗に糸のトンネルが出来ています。
この手のインスタレーションは1回きりなので
もったいないですよね。

161023蜘蛛5
GM5

この方はベルリン在住なんですが海外で活動をしてる
現代アートの人は多いですね。
こういった大規模インスタレーションはスタッフも多く
イベント会社みたいなもんですよね。
給料払わないといけないし大変です。
この展覧会は昔仕事をいっしょにしたことのある小川信治さんも
作品を出されていて(最近、千葉市美術館で個展開催)
鉛筆画なんですがすごいです。

161023蜘蛛7
熊谷守一「地蜘蛛」

熊谷守一の「地蜘蛛」の解説はちょっと・・・
そんなこと絶対考えて描いてないなと思いましたが
(゚Д゚;)
深い解説に驚きました。蜘蛛の足の上がり具合とか(笑)
意味があるんですよ。(゚Д゚;)
本当かよ。

豊田市美術館
関連記事
スポンサーサイト
コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する